“暮しを支えるエネルギー・社会・住まい” 私たちは、その原点を追求します。

瑕疵担保保険

平成21年10月1日から お客様の信頼と安心のために「新築住宅に特定住宅瑕疵担保責任に履行の確保等に関する法律」が施工されます。

瑕疵とは、通常すべき品質・性能を有しないことをいいます。住宅の瑕疵としては、通常の生活に支障があるような欠陥をイメージするとわかりやすいでしょう。

瑕疵担保保険とは

《ポイント1》国土交通大臣の指定を受けた保険法人と保険契約を結び資力の確保を行う
  • 住宅事業者が任意の保険会社に加入します。
《ポイント2》保険期間は10年間
  • 新築住宅の引渡から10年間が、保証される保険の対象期間になります。
《ポイント3》2000万円を上限とした保険
  • 保険契約を締結し、瑕疵による損害が発生した場合には、修補を行った住宅事業者に2000万円を上限とした保険料が支払われます。
《ポイント4》保険の対象となる基本構造部分
  • 住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています
《ポイント5》2回の現場検査の実施
  • 住宅の施工状況を現場検査します。
《ポイント6》保険法人への保険金の直接請求ができる
  • 万一、住宅事業者が倒産したり、修補が行えない場合は、発注者自身が保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる保険金を直接請求することができます。
《ポイント7》指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理が行える。
  • 住宅取得者と住宅事業者との間に、紛争が生じた場合、紛争のあっせんを指定住宅紛争処理機関(弁護士会によるあっせん・調停・仲裁)を利用することができます。
〒738-0301 広島県廿日市市吉和 987-1 | Copyright (C) 株式会社ホサナ建設・一級建築士事務所 All Rights Reserved.